ページのトップへ移動する

お問い合わせフォームへ移動する

建設業許可サポートブログ

  1. HOME
  2. 申請代行サービス

建設業許可申請代行サービス

TOTALの申請代行サービス

相談無料

建設業許可を取得したいと思っていても、複雑な要件や書類に戸惑ってしまう方が多いのではないでしょうか。
また、自分で書類を作成・提出しようとしても、何度も訂正や追加書類をもとめられ、結局多大な時間と労力を浪費してしまうのが現状だと思います。
当事務所では許可取得に関する疑問や悩みに対して的確なアドバイスを提供します。

無料相談を活用することで、経営上やらなければいけないことが山ほどある中でも安心して本業の方に集中していただけます。

許可要件を無料診断

最終的に要件があわず書類作成までいたらない場合には、それまでの手数料などは頂きません。 要件があわないのに報酬だけとるようなことはありませんので、安心してご相談していただけます。
<迅速な対応> 千葉・茨城・東京・埼玉・神奈川で地元密着

当事務所では許可の要件を満たしているのか、またそれを証明できる書類が整っているのか、といった要件調査を無料で行っています。

許可取得後も安心

許可取得後にある、毎年の事業年度終了届5年後の許可更新手続きも、必要な時期をこちらで管理し、継続的にご案内をさせていただきます。

安心して本業に集中していただけるよう、継続的なアフターサービスを提供します。

あなたの会社をワンストップでトータルにサポート

グループ内の司法書士・税理士・社会保険労務士の専門家と協力し、会社の登記や決算申告などもトータルでのサービスをご提供いたします。

専門家があなたの会社をまとめてサポートします。

建設業許可取得の流れ

建設業許可取得の流れ

建設業許可取得の簡単な流れをご紹介致します。

建設業許可申請だけでなく、許可に係る登記手続きもまとめてお受けいたします。

お問い合わせ まずはメールフォームまたはお電話0120-526-516ください。
↓↓↓
お打合せ
ご相談と許認可要件の確認
お客様の状況をお聞きして、建設業許可要件を満たしているか、必要書類・証明書類は何が必要か、等のお打ち合わせを行います。
↓↓↓
費用のお見積り お客様のご要望事項に沿って、お見積りをいたします。
↓↓↓
正式ご依頼 お見積り内容にご納得いただけましたら、正式なご依頼となります。
↓↓↓
着手金のお振込み 当事業所の指定口座に、実費分(概ね10万円)をご入金いただきます。
↓↓↓
必要書類のご用意 証明書類等の取得を進めます。
↓↓↓
書類作成
許可申請
申請書類を作成し、提出いたします。
※必要な書類が揃った状態から、最短1週間で申請いたします。
↓↓↓
報酬のご請求 残りの報酬につきまして、ご請求書をお渡しいたします。
↓↓↓
請求書控のお渡し 許可新申告書の収受印のあるものをお渡しいたします。
※許可取得中である証としてお使い頂けます。
申請後30日~45日程度(標準処理期間)で、許可証が発行されます。

許可から更新までの流れ

許可日 決算変更届の提出
↓↓↓
1年目 決算変更届の提出
↓↓↓
2年目 決算変更届の提出
↓↓↓
3年目 決算変更届の提出
↓↓↓
4年目 決算変更届の提出
↓↓↓
5年目 要項期間満了前30日までに更新の申請をする 許可(更新)
更新の申請をしないと、有効期間満了となり失効 新規の許可申請が必要

取得をお考えの方

建設業許可を取りたいが、どうすれば取れるのか分からない。

ズバリ!許可が取れるのか?何から用意すればよいのか?
など、適格な判断をいたします。

元請け業者から許可を取るように要求されている。

最近、元請け業者から許可を取るように催促されていて、取らないと仕事がもらえなくなるので必要だ。

許可を取りたいが、とにかく仕事が忙しくて時間がない。

建設業許可を取るための書類は、想像以上に数も多く手間と時間がかかってしまいます。忙しい社長に代わって、早く手頃な価格で許可を取ることができるので、社長は本業に専念できます。

会社の信用のために許可を取りたい。

営業のうえで信用が必要だ。 社会的な信用の為に必要だ。

500万以上の工事を請け負う事になった。

今までは小さな工事ばかりだったが、この先1件500万円以上の工事を請け負う可能性が出てきた。

銀行からの融資を受けやすくしたい。

融資を受ける額を大きくしたい。銀行の審査を通りやすくしたい。

許可を取りたい事情はいろいろありますが、まずはご相談ください。専門の行政書士が、許可を取るためのお手伝いをさせていただきます。